リゾートホテル

鶴居ノーザンビレッジ HOTEL TAITO

つるいのーざんびれっじほてるたいと

予約 QRコード

鶴居村鶴居西1-5
TEL 0154-64-3111

自然体験の後は源泉100%かけ流しの温泉でゆっくり

釧路湿原国立公園の西側、鶴居村の自然に佇むナチュラリストのためのホテル。オーナーは野生動物などのネイチャーフォトで知られるプロの写真家で、国立公園特別保護区への立ち入り許可を持つ自然ガイド。とっておきの撮影ポイントはもちろん、ガイドブックには載っていない「本当の湿原」を案内してくれる。タンチョウの親子に出会ったり、可憐な花々を眺めたり、普段は立ち入れない湿原を巡った後は、宿自慢の源泉100%かけ流しの温泉でゆっくりと。露天岩風呂に浸かりながら見上げる満天の星空に身も心も洗われる。

交通アクセス JR釧路駅〜バス50分、釧路空港〜車40分地図
収容数 和4洋12室52名
駐車場 駐40台・無料・大型可
料金 2食付9,654円〜 朝食付7,494円〜(10〜4月暖房費216円)
お風呂 温泉 日帰り入浴/大人500円、小学生300円(11:00〜受付21:30、日祝10:00〜)
ホームページ http://www.hotel-taito.co.jp
最寄りの注目スポット 釧路湿原
かどまる

*2017年1月17日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO】真冬の道東でこころあたたまるホテル

dpp07e1010d110312.jpg

毎日極寒の鶴居村。ガイドブックにはない湿原の見どころを案内してくれます。

この時期ならではの、幻想的なタンチョウの姿や極寒の湿原でしかみることができない「霧氷」など、すばらしい光景を目の当たりにできるかも。ネイティブ体験の後は、体の芯までほかほかのホテル自慢の天然温泉「美人の湯」を満喫。食事は開放的なレストランで地元食材をふんだんに使った料理を。各種プランもご用意!
日帰り入浴も大歓迎です。

オーナーはプロのカメラマンで、『フォトブラファー和田正宏のブログ』は必見!!
マイナス20度の世界が見れます。
見ないと損ですよ!こちらから

ご予約・詳しい内容はこちら

★写真は「フォトグラファー和田正宏のブログ」2017.1.13より

かどまる かどまる

*2016年1月25日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO】真冬の道東を堪能したい方にオススメのホテル

taito1.jpg

 北海道の雄大な自然を愛するナチュラリストらが声を揃えて絶賛する鶴居村「鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO」。四季折々で様々な表情をみせる道東の自然を堪能するなら同ホテルを拠点にするのがオススメです。

 この時期なら、幻想的なタンチョウの姿や極寒の湿原でしかみることができない「霧氷」など、すばらしい光景を目の当たりにできるかも。ネイティブ体験の後は、体の芯までほかほかのホテル自慢の天然温泉「美人の湯」を満喫。食事は開放的なレストランで地元食材をふんだんに使った料理を。各種プランもご用意!

 オーナーの和田さんはプロのフォトグラファー。頻繁に更新されるブログには道東の美しい景色を写した写真が満載です。フォトグラファー和田正宏のブログ

 ご予約・詳細はこちらから

かどまる かどまる

*2015年5月21日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO】自然を満喫した後は「美人の湯」を堪能!

taito5.jpg

 「おもてなしは大自然」。日本最大面積を誇る湿原・釧路湿原国立公園。小さな町がすっぽりと収まってしまうほどの広大な大自然こそが「鶴居ノーザンビレッジホテルTAITO」のフィールドです。雑踏や日常から抜け出して、思う存分大自然でくつろいでみませんか?

 鶴居村の広大な自然囲まれた環境に建つ温泉ホテル。大自然を満喫した後は、ぜひ当ホテル自慢の「鶴居村温泉 美人の湯」で疲れを癒しましょう。源泉かけ流しの天然温泉、鶴居の大自然に抱かれながらゆったりとつかる温泉は格別!

 アルカリ性の強い温泉で、まるで天然のアルカリイオン水。体をよく温め、血行やリンパの流れを改善し、こりや痛みを軽減します。角質化した皮膚を乳化させて溶かす作用が美容に効果的。女性の方には嬉しい肌に潤いを与えてくれる「自然のエステ」です。露天風呂も完備。野鳥やリスなど小動物に出会えるかもしれません。日帰り入浴も大歓迎です。

 詳しくは同ホテルのホームページから。プロの写真家でもある和田オーナーが、湿原の自然について発信する情報満載のブログもぜひご覧下さい!

かどまる かどまる

*2014年6月18日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジ HOTEL TAITO】釧路湿原を満喫!

taito.jpg

森に若葉が生え揃い、湿原にも緑が広がり素晴らしい季節になりました。早朝の気温は13℃日中の最高気温でも22℃このくらいが一番です。釧路湿原国立公園の秘境「キラコタン岬」今が最高です! 湿原体験してみませんか?

ガイドブックに載っていない、本当の湿原へとご案内いたします。

バスでの野生動物の観察の後、長靴を履いて森林浴ハイキング。釧路湿原でも一級の普段立ち入ることの出来ない絶景ポイントが見られます。起伏の少ないコース設定ですので、子供から高齢者まで安心して参加できます。

ネイチャー倶楽部 【期間】5月初旬〜10月下旬
参加費用は大人5,250円、子供3,150円(保険料・長靴レンタル料込み)
問い合せは、電話またはFAXにて
TEL 0154-64-3111 FAX 0154-64-3333
詳しくはこちらから

かどまる かどまる

*2014年4月8日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO】こだわりのオリジナル料理

yudoufu.jpg

★自然を満喫したあとのオススメ絶品オリジナル料理★

●純北海道産大豆と100%本にがりを使用した「とろける温泉湯豆腐」は、ホテルの源泉を使った温泉湯豆腐。文字どおりのとろけるようなノドごしに胡麻風味のたれが見事に調和した奥深い味わいです。
一人前 1,296円。〆はご飯を入れて「豆乳リゾット」!

●「TAITOのチーズフォンデュ」は、地元のチーズ工房こだわりのチーズを使用したオリジナルの逸品。じゃがいも、かぼちゃなどの地元野菜、手作りソーセージやフランスパンなどで、豊かなコクのフォンデュが楽しめます。
一人前1,620円(2名〜)。特に女性に大人気です!

日常から抜け出して、思う存分、大自然を堪能しに来て下さい!

かどまる かどまる

*2013年10月11日*

モー君

【鶴居ノーザンビレッジHOTEL TAITO】アウトドア派集結のホテルです

huyu.jpg

オーナーはプロの写真家。
ガイドブックに載っていない湿原の見どころを案内します。
釧路湿原国立公園のそばという豊かな大自然に囲まれ、
オーナープログでは毎日鶴居村を発信しています。
源泉かけ流しの天然温泉は強アルカリ性。
大自然に抱かれながらリラックスいただけます。

タンチョウほかいろいろな動物たちが生息しています。
故・開高健の愛した湿原の流れの深みには
イトウが潜むと言われ、幻想的です。

これからの冬の湿原は
写真撮影には最高のシーズンです。

かどまる かどまる

*2013年1月31日*

モー君

鶴居【ホテルTAITO】源泉かけ流し美人の湯

huyu_ph1.jpg

 

鶴居の大自然に抱かれながら、ゆっくりつかる温泉は格別です。
アルカリ性の強い温泉で、血行やリンパの流れが良くなり、
コリや痛みが和らぎます。
つるつるとした感触は美容にも大変良いとされ
炭酸水素塩泉「美人の湯」は自然のエステです。

ナチュラリストの出会いの宿「ホテルTAITO」では
広大な大自然の中でゆっくりくつろぐことが出来ます。

特別天然記念物に指定されているタンチョウをはじめ
たくさんの動物が生息する釧路湿原は自然の宝庫

img031.jpg極寒の大自然・・・
日常では体験できない瞬間が待ってます!

アウトドアの後は、ゆっくり温泉で・・・

詳しい情報はHPから
http://www.hotel-taito.co.jp/
ご予約はお電話かFAXで
【ホテルTAITO】
TEL(0154)64-3111 FAX(0154)64-3333

かどまる かどまる

*2011年11月30日*

モー君

今年もタンチョウが来ました!写真撮影には「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」が最適です!

taito012.jpg 今年も、鶴居村にタンチョウヅルが飛来する季節がやってきました。すでに、村内の二大給餌場「鶴見台」と「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」には数十羽が見られ、日に日に大きな群れになってきています。
 リゾートホテル「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」は、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリのすぐ近くにあり、徒歩で群れの観察や写真撮影に行けます。
 タンチョウが越冬のために群れを作るのは11〜3月ごろで、その数は1月下旬には300羽にもなります。また、ほかにもさまざまな水鳥が南下し、湿原周辺に飛来します。
 そのため、同ホテルには写真愛好家やネイチャリストが多く訪れます。場所のよさだけではなく、ログ風建築の魅力、料理の美味しさ、天然温泉のおtsuru01.jpg湯のよさに定評があり、大人気のホテルとなっています。
 特に、地場産の乳製品を贅沢に使ったメニューの人気が高く、村内にある「チーズ工房 酪恵舎」の製品を使ったオリジナルのチーズフォンデュは絶品です。
 また、天然温泉はpH値9以上もある強アルカリ性の重曹泉で、とても肌にいいだけでなく、この源泉を使ったオリジナル料理「温泉湯豆腐」のとろけるようなノド越しと甘味は、他ではまず味わえない美味です。
 同ホテルのオーナー・和田正宏氏は、1993年にラムサール条約国の釧路国際会議に写真を提供したほか、世界各国で写真展を開催しているプロの写真家。特にタンチョウヅルを題材とした写真で高い評価を得ている、いわばタンチョウのスペシャリストでもあります(下の写真は和田氏の作品ではありません)。
 タンチョウヅルや鶴居村の野生動物の写真が撮りたい人は、「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」に宿泊し、和田オーナーに相談を!予約はお早めに!

かどまる かどまる

*2011年1月25日*

モー君

冬のタンチョウ鶴を見るなら、「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」へどうぞ!

 tsuru.jpg鶴居村鶴居西にあるリゾートホテル「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」周辺では今、越冬シーズン最盛期のタンチョウが見られます。
 鶴居村の代名詞でもあるタンチョウ鶴は、11〜3月ごろにかけて、村内の2大給餌場「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」と「鶴見台」で大きな群れとなって越冬します。
 その後、春になって釧路湿原などの繁殖場所に移動し産卵。初夏に生まれたヒナは3ヶ月ほどで親鳥と同じくらいの大きさまで成長し、秋には親鳥とともに鶴居村に越冬のため戻ってきます。
 越冬の群れは毎年、今ごろピークを迎え、300羽以上になります。同ホテルは「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」の近くにあり、徒歩10分で雪原に戯れるタンチョウの観察や写真撮影ができます。
 冬季は給餌場中心に生活しているので、朝から日没まで見られますが、寒いのが苦手な人は、同サンクチュアリに入館無料のネイチャーセンターspa1.jpg(営業時間9:00〜16:30、4〜9月と火・水曜休館)もあります。
 美しく神秘的なタンチョウを満喫したあとは、同ホテル自慢の源泉かけ流し天然温泉で温まってください。pH値9以上という、道内でも珍しい強アルカリ性重曹泉は、温泉ファンの間でも評価の高い“美人の湯”です。
 写真マニアやネイチャリストに大人気の「鶴居ノーザンビレッジ ホテルTAITO」。予約はお早めに!
 
※タンチョウの給餌場では立ち入り禁止区域に入らないでください。わざと驚かせてタンチョウを飛ばしたり、フラッシュ撮影をしないでください。ゴミは必ず持ち帰ってください。

かどまる