ロッジ

釧路湿原 ロッジ シラルトロ

くしろしつげんろっじしらるとろ

予約 QRコード

標茶町シラルトロ湖温泉
TEL 015-487-2325

源泉100%の展望露天風呂とカヌーツアーの宿

釧路湿原国立公園シラルトロ湖畔の小高い丘に建つ天然温泉付ロッジ。ミニログハウスもあり。露天風呂からのロケーションがすばらしい。釧路湿原のカヌーツアーが人気の宿で、オールシーズン楽しめる。2食付宿泊・2時間カヌーパックが15,000円、ログハウス(素泊り)のカヌーパックは12,000円と格安で。カヌーの持ち込み、ペット同伴もOK!

交通アクセス 釧路市〜車約40分地図
収容数 和5室ログハウス2棟20名
駐車場 駐有・無料
料金 2食付宿泊・カヌーパック15,000円(夕朝食とも部屋食) 4時間カヌーパックもあり ※宿泊のみは受けておりません。
お風呂 温泉
その他 ペット/部屋同伴可、ログハウスのみ、ケージ使用、1匹1,000円
ホームページ http://www.sirarutoro.in
最寄りの注目スポット 釧路湿原
かどまる

*2016年3月17日*

モー君

標茶町【釧路湿原ロッジシラルトロ】道東の大自然で自分だけのネイチャー体験!

00001_0.jpg

 季節を問わず広大な釧路湿原で自分だけのネイチャー体験が満喫できる宿「釧路湿原ロッジシラルトロ」。熟年の方にも大人気、迫力満点の釧路川カヌーツアーをぜひ体感しましょう!
 
 雪解けが進み暖かくなってくるこれからの季節は、木々が芽生え、動物たちが活動を始める自然を感じるにはうってつけの時期。道東の手付かずの自然を間近で味わえる醍醐味は格別です。汗をかいた後は、ゆったりした客室とお食事、そして100%源泉掛け流し自慢の温泉が疲れを癒してくれます

 HPはこちらから。ご予約・お問い合わせはお電話でも。TEL 015-487-2325

かどまる かどまる

*2015年7月1日*

モー君

標茶町【ロッジ シラルトロ】初夏の釧路湿原でカヌーツーリング!

0011.jpg

 いまだ手付かずの大自然が残る道東・釧路湿原。カヌーツーリングと美味しい食事、源泉100%の温泉が一度に楽しめる「釧路湿原 ロッジ シラルトロ」で他では味わえないネイチャー体験をしてみませんか。

 どこまでも続くかのように蛇行する釧路川をカナディアンカヌーで静かに航行。四季折々の湿原の風景、間近に感じる動植物の息吹、新緑美しくと野鳥のさえずりがにぎやかなこの季節の川下りは格別です。真夏でも涼しく穏やかな気候もうれしく、特に道外からのお客さんには避暑地としても最適な環境。

 湿原ネイチャーガイドの経験豊富なオーナーが安全に責任を持ってガイドしてくれるため、初心者の方でも安心。心から大自然を満喫することができます。ツーリングの後はゆったりとお部屋で楽しむことができる食事と「美肌の湯」と評判の温泉を楽しみましょう!

 ご予約・お問い合わせはこちらから

かどまる かどまる

*2014年10月30日*

モー君

標茶町【釧路湿原 ロッジ・シラルトロ】源泉100%の展望露天風呂とカヌーツアーの宿

out25.jpg

オールシーズン雄大な釧路湿原とカヌーがたっぷり味わえる宿。
100%源泉かけ流し。和洋折衷ボリューム満点の夕食と和食朝食はゆったりお部屋で。飲み物の持ち込み自由!全室エアコン完備。ペット同伴可。

10月は山々の木々が色づきはじめ、どこまでも黄金色の湿原が続きます。食べ物も一番美味しい季節。釧路市内の観光ツアーなどなど、ご希望にあったプランをご提案いたします。冬季間限定で、「ネイチャーツアー・観光ツアー」やオーダーメイドのプランも楽しめます。

sibecya.jpg
地元有志により作成されたマップ無料配布中!
ぜひ標茶町の魅力を体験してください!

ご予約・詳しくはこちら

かどまる かどまる

*2014年3月25日*

モー君

【釧路湿原ロッジシラルトロ】自分流オーダーメイドツアーを体験!

ca3c076900.jpg

展望露天風呂で大自然を満喫できる自然体験の宿。
釧路川をカヌーで川下り・・・
どこまでも蛇行が続く川に身をゆだね
四季折々の風景と動植物を間近に感じてください。

経験豊富で湿原ネイチャーガイドのオーナー
安全に責任を持ってガイドいたします。

行きたい場所!体験したい!撮影したい!乗りたい!見たい!
時間や予算なんでもご相談ください。

ご希望にあったプランをご提案いたします。
トカラヤギの「リル」と、ひめウズラの「小さじ」が待ってま〜す!

tokarayagi.jpg

かどまる かどまる

*2013年8月21日*

モー君

標茶町【釧路湿原ロッジジラルトロ】展望露天温泉&湿原カヌーツアー

map2.jpg
標茶町・シラルトロ湖畔の森のログハウス
ガイド資格を持つオーナーのもと、オールシーズン雄大な釧路湿原をカヌーが楽しめます。周辺はリスや多くの野鳥、8月はホタルなど自然がたっぷり味わえます。源泉かけ流し100%の温泉で、散策後の疲れを癒してください。料理は、ボリューム満点和洋折衷の夕食と和食の朝食で、すべてゆったり部屋食です。飲み物は持ち込みは自由!全室エアコン完備。
ペット同伴宿泊にも対応しています(別途料金)。
秋にかけて早割も検討中

詳しくはお問い合わせください
TEL(015)487-2325 FAX(015)487-2388
メールはこちらから

かどまる かどまる

*2012年8月20日*

モー君

釧路湿原【ロッジ シラルトロ】釧路川は1年中ベストシーズン!

risu820.jpg北海道の大自然を満喫したい!という方にお勧めの宿。
カナディアンカヌーに乗り、どこまでも蛇行が続く釧路川に身をゆだね、 四季折々の釧路湿原の風景と動植物を間近に感じることができます。 ロッジシラルトロでは、各コースとも低料金で経験豊富で湿原ネイチャーガイドのオーナーが、安全に責任を持ってガイドいたします。いろいろなコースをご用意しております。

 

yyi820.gif9・10月は、山々の木々が色づきはじめ、どこまでも黄金色の湿原が続きます。食べ物も一番美味しい季節!釧路市内の観光ツアーもやっています。午後は紅葉カヌー、夜は釧路の地酒・地ビール、炭火炉辺で魚介類を楽しむのもいいかも!
 

冬季間限定で、「ネイチャーツアー・観光ツアー」も実施しています。道東の自然が大好きで、冬道の運転にも慣れた経験豊富なスタッフ達がガイドいたします。yuuhi820.gifオーダーメイドのプランも楽しめます。
 

ご予約と・詳しい内容はHPで
http://www.sirarutoro.in

かどまる かどまる

*2011年8月11日*

モー君

標茶町の「釧路湿原 ロッジシラルトロ」では、今の季節、ホタルが見られます!

 標茶町シラルトロ湖温泉の森の中にある「釧路湿原 ロッジシラルトロ」では、今の季節、夜になるとホタルが見られます。rodge.JPG
 最初、ホタルに気づいたのは宿泊のお客さん。館内は禁煙なので、夜、玄関先に出て一服していたところ、ふわりと夜空を漂う光を見て感激し、皆に教えてくれたのだそうです。
 同ロッジの周辺は、リスや野鳥など野生動物の宝庫で、豊かな大自然が息づいていますが、ホタルの存在は知られていませんでした。見られる時期は、だいたい今月いっぱいくらいまでといわれていますので、興味のある人は早めに予約を!
 「ロッジシラルトロ」は、源泉100%かけ流しの天然温泉が満喫できるほか、地場産・道産食材をたっぷり使ったボリュームのある家庭料理が自慢の宿です。canuu.jpg
 また、1年を通して釧路湿原でカヌーツーリングが楽しめる宿としても有名で、特に夜明け・サンセットのカヌーツアーがお勧めです。

かどまる かどまる

*2008年11月21日*

モー君

標茶町「釧路湿原 ロッジ シラルトロ」12月から見られる不思議な現象

 aeaaie.jpg標茶町シラルトロ湖温泉にある「釧路湿原 ロッジ シラルトロ」は、名前の通りシラルトロ湖を見渡す絶好の立地にある宿です。
 大自然に囲まれた環境のため、春、夏、秋と見どころ満載、野生動物も次々と訪れる人気の高い宿ですが、中でもオーナーおすすめの季節が冬──特に12月ごろなのだそうです。
 その理由の一つが、上の写真・御神(おみ)渡りです。日中、凍りついた湖面にできた亀裂が大きな音を立てて盛り上がり、氷がせり出してくる不思議な現象で、昼夜の気温差によって湖面の氷が膨張・収縮するために起こります。
 もともとこの現象は、長野県の諏訪湖で起こるものが全国的に有名で、諏訪大社の上社の男神が下社の女神に会いに行ったときの足跡だといわれたためにこの名称がつきました。
 諏訪湖では1月ごろですが、北海道では12月ごろ、写真のようにシラルトロ湖や塘路湖、屈斜路湖など道東を中心に数ヵ所で見られます。
 yoyiyye.jpgそしてもう一つの神秘的な現象が、下の写真・フロストフラワー。こちらは湖だけでなく川でも発生します。凍った水面のごくわずかな突起に水蒸気が凝縮し、花びらのように成長してできます。
 「ロッジ シラルトロ」のオーナーの話では、湖が凍り始めるのは毎年11月下旬で、この2つの現象が見られるのはだいたい12月ごろ。フロストフラワーのほうは、カヌーで釧路川に乗り出して間近で見ることもできます。
 とはいえ、極低温、無風、無雪(雪があると断熱材の役目をして氷の表面が冷え込まない)など、いくつかの気象条件が揃わないと起こらない現象なので、毎年必ず見られるとは限らないとのこと。見たい人は必ず前もって同宿に確認を!

かどまる かどまる

*2008年10月21日*

モー君

標茶町の「釧路湿原 ロッジ シラルトロ」には野生動物がいっぱいです。

risu.JPG 標茶町シラルトロ湖温泉にある「釧路湿原 ロッジ シラルトロ」には、さまざまな野生動物がいっぱいです。
 釧路湿原国立公園の中にあるシラルトロ湖周辺は、野鳥をはじめとする野生動物の宝庫。湖を望む高台にある同ロッジには、エゾリスやシマリス、アカゲラなどがひっきりなしに訪れます。
 上の写真は、オーナーがロッジ前に設置したバードテーブルに、ヒマワリの種を食べにやって来たシマリス。ほかの野鳥とケンカすることもなく、一心不乱に食事に勤しんでいます。
 uzura.JPGというのも、リスの中でもシマリスは冬眠する種類。今のうちにたんまり栄養を摂っておかなければ命にかかわるわけです。寒くなってくると、冬眠しないエゾリス(長い耳が特徴)が代わりに姿を現します。
 「ロッジ シラルトロ」では、コミュニティルームの窓からこうした動物たちの姿をつぶさに観察できるのですが、この部屋で飼われている2種類のウズラたちがまた宿泊客に大人気なのです。
 下の写真は、オーストラリアやインドなどに生息するヒメウズラの“こさじ君”。ご覧のように大変な甘ったれで、オーナーが掌で包んでやると、うっとりと眠り込んでしまったりします。
 ひと回り大きなもう1種類は、日本や中国に生息するおなじみのウズラで、その名も“おおさじ君”。カゴの中では素っ頓狂な声を張り上げ、部屋の中に放しておくと、窓から入ってきたアリやクモ、ハエ、ワラジムシなどを片っ端から食べてくれる働き者です。
 泊まりに来た動物好きのお客は、窓外にいるリスと野鳥、部屋の中で遊ぶウズラたちの姿に大喜びで、時間のたつのもすっかり忘れてコミュニティルームに入り浸ってしまうのだとか。

かどまる