旅館

野付湯元うたせ屋

のつけゆもとうたせや

予約 QRコード

別海町尾岱沼港町132
TEL 0153-86-2221

ラムサール海道 野付半島 風連湖 いい湯の宿

道立自然公園内、尾岱沼にある天然温泉かけ流しの湯宿。名物北海シマエビや特大天然ホタテ、ホッキ貝の十勝ワインステーキなど、地元ならではの料理がたっぷり味わえる。朝食のジャンボ鮭茶漬も人気。尾岱沼温泉の湯元で、浴場は木々をふんだんに使ったやわらかな雰囲気。落ち着いた照明、木桶や板椅子、大理石の間仕切りもさりげなく、旅の疲れを癒してくれる。宿泊料金12,000円からのご予約の方には、フロントに「宿泊北海道を見た」と伝えて500円キャッシュバック!

交通アクセス 尾岱沼バス停〜3分地図
収容数 18室52名
駐車場 駐30台・無料・大型可
料金 2食付10,800円〜16,200円※期間により変動有
お風呂 温泉
ホームページ http://utaseya.jp/
最寄りの注目スポット 尾岱沼
かどまる

*2017年6月21日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】第57回尾岱沼えびまつり開催!

ebimatsuri-2.jpg

名産北海しまえびを心行くまで堪能できる道東エリアの一大イベント「尾岱沼えびまつり」。名湯と新鮮海の幸、心のこもったおもてなしを楽しみたい方、会場すぐそば、天然温泉かけ流しの湯宿「野付湯元うたせ屋」をおすすめします!!

ebimaturi.jpg毎年このお祭りを目当てに、遠くから旅行に来られる方も多く、別海マルシェでは塩ゆでシマエビ、串焼きシマエビなど別海町の特産品を存分に味わえます。えびすくいやあさりすくいといったアトラクション、野付湾周遊クルージングも楽しめる港町ならではのお祭りです。
毎年「女子限定!全日本北海シマエビ踊り食い早食い競争」は大好評で『生エビ食べてゆでエビGET!』してください。※別海町内在住の方は、ご参加できません。

betsukai_2.jpg◆第57回尾岱沼えびまつり
日時:平成29年6月24日(土)13:30〜17:00
6月25日(日)9:45〜15:00(※時間は予定)
場所:尾岱沼漁港特設会場

【野付湯元うたせ屋】
ご予約・お問合せはお気軽にTEL(0153)86-2221
宿の詳細はこちらから

※「宿泊北海道を見た」と伝えて500円キャッシュバック!

かどまる かどまる

*2016年2月1日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】名湯と特産シマエビやホタテを満喫できるほっこり宿♪

iieo2.jpg

 道外からの観光客の多くがイメージする北海道の「雄大な大自然」。別海はその描いたイメージそのまま大自然が満喫できるマチ。東京23区の2倍という広大な面積を持つ別海町で圧倒的なスケールを体感しましょう!

 尾岱沼(おだいとう)漁港すぐそば、名物の北海シマエビやジャンボホタテなどここでしか味わえない絶品海の幸と天然かけ流し、旅の疲れを癒してくれる天然温泉が楽しめる「野付湯元うたせ屋」。風光明媚な野付半島、風連湖へのアクセスにも優れています。

iieo.jpg

 木調の客室は清潔で落ち着きと安らぎを与えてくれます。和室・洋室いずれもご用意いたします。ここでしか味わえない感動の旅をぜひ!

 ご予約はお電話で TEL0153-86-2221
 宿の詳細についてはHPから

かどまる かどまる

*2015年6月4日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】まもなく開催!尾岱沼えびまつり

ebimatsuri.jpg

名産北海しまえびを心行くまで堪能できる道東エリアの一大イベント「第55回尾岱沼えびまつり」が今年も平成27年6月27日(土)28日(日)の2日間に渡って開催されます! お祭りと同時に名湯と新鮮海の幸、心のこもったおもてなしを楽しみたい方、会場すぐそばの「野付湯元うたせ屋」のご利用はいかがでしょう!

この時期にあわせて、遠くから旅行に来られる方も多く、塩ゆでシマエビ、串焼きシマエビなど別海町の特産品を存分に味わえます。えびすくいやあさりすくいといったアトラクションも楽しめる港町らしいイベントです。昨年大好評だった「女子限定!全日本北海シマエビ踊り食い早食い競争」も開催されます。女子のみなさん、ぜひご参加を!

◆第55回尾岱沼えびまつり
日時:平成27年6月27日(土)13:30〜17:00
       6月28日(日)9:45〜15:00(※時間は予定)
場所:尾岱沼漁港特設会場(北海道野付郡別海町尾岱沼港町)

お早目のご予約をおすすめします!
TEL:(0153)86-2221
野付湯元うたせ屋の詳しい内容はこちらから

かどまる かどまる

*2014年10月28日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】この時期の名物ジャンボホタテは格別!

utase.jpg

別海町は1キロ平方メートルあたりの人口密度が約12人に対し、牛の数がその約7倍以上牛乳生産量日本一!日本でも有数の酪農地帯と、北方領土を望むオホーツク海が広がる別海町。

木を使った客室は、落ち着きと安らぎを与えてくれます。ゆっくり、のんびりくつろいでいただける佇まい。
lobi21.jpg
貝柱が普通のホタテの2倍以上はあろうかというLLサイズ「ジャンボホタテ」「北海シマエビ」など、尾岱沼ならではの新鮮な地場産魚介類を中心としたお食事。

北海シマエビ漁がはじまりました。
打瀬舟がみられるのは10月31まで!!

ご予約・お問い合わせはこちら

かどまる かどまる

*2014年7月30日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】野付半島で涼しい美味しい夏の旅

notuke.jpg

ワイルドな何もない贅沢を満喫できる尾岱沼の宿。
さりげない優しさと心地よい時間は最高のおもてなしです。

地元の素材を最大限に生かした丁寧に盛り付けられたお料理の数々。
名物北海しま海老と特大天然帆立貝海鮮料理、朝食ジャンボ鮭茶は絶品です!

シンプルで居心地よいお部屋。尾岱沼温泉の湯元掛け流しの少し高めの泉温温泉は旅の疲れを癒してくれます。

★野付半島の散策とショートクルーズ★

季節限定!トドワラ発着 別海町観光船で野生のアザラシを見ることができますよ〜
詳しい内容はこちらから

【野付湯元うたせ屋】TEL0153-86-2221

かどまる かどまる

*2014年1月24日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】渡り鳥と四角い太陽と温泉と・・・

odaitou_map1.jpg

いよいよ寒さの増す別海は、大陸シベリアからのオオワシ、オジロワシ、コクガン、ハクチョウなどの渡り鳥「四角い太陽」の季節です。

冷えた体は、天然温泉かけ流しのお風呂でゆっくりつかっておくつろぎください。
夕食は、地元で取れたホタテや北海シマエビ、毛ガニ・花咲きガニなど豪華海の幸で大満足。尾岱沼ならではの味覚をご堪能ください。

今年は白鳥まつりは開催されませんが四角い太陽があなたを待ってます!!

かどまる かどまる

*2013年6月10日*

モー君

別海町【野付湯元うたせ屋】尾岱沼えびまつり開催!

syokuji3.jpg根室湾の風物詩・北海シマエビ漁が始まり
6月29日(土)・30日(日)
尾岱沼えびまつりが開催されます!
会場は、宿からほど近い尾岱沼漁協広場!
根室湾の海の幸の美味しさがお目当ての
行楽客が各地から訪れにぎわいます!
野付半島に一年で一番の良い季節の到来です!

onsen3.jpg野付湯元うたせ屋では、尾岱沼漁港に水揚げされる
北海シマエビとや天然ホタテ、秋にはシャケなどの
海の幸を注文に応じて豪快に調理!
塩分やアレルギーなどにも対応。

温泉は、尾岱沼温泉の湯元
掛け流しの少し高めの泉温です。
男性は「打瀬の湯」、女性は「エゾフクロの湯」
robi1.jpg広々として、旅の疲れを癒してくれます。

お早目のご予約をおすすめします!
野付湯元うたせ屋の詳しい内容はこちらから

 

 

かどまる かどまる

*2011年6月14日*

モー君

別海町「野付湯元うたせ屋」から、第51回尾岱沼えびまつり開催のお知らせです!

 yudeebi.jpg別海町尾岱沼港町にある温泉旅館「野付湯元うたせ屋」から、今月25日(土)・26日(日)に同旅館の目の前、尾岱沼漁港で開催される“第51回尾岱沼えびまつり”のお知らせです。
 尾岱沼名産のホッカイシマエビ漁は、今月20日(月)から解禁。動力を使わず三角形の帆で風を受けて漁を行う「打瀬舟」が、全国的にも有名な道東の風物詩となっています。
 25日は前日祭として、13:30から郷土芸能・野付竜神太鼓の演奏に続いて開会宣言、ゲーム大会やマーチングバンド・知床ブルーイーグルスの演奏が行われます。
 15:30からは、「人と人とをつなぎたい」という想いで演歌を歌う“縁歌歌手”幸佳(ゆか)さんの歌謡ショー、絶妙なジャグリングショーで観客を魅了するクロさんが昨年に引き続き登場します。
 utaseya.JPG26日の当日祭は、9:45から鼓笛隊パレードに続いて開会宣言、クロさんのジャグリングショー(10:15と13:00の2回)、花翔舞チームのよさこい踊りなどが行われます。
 また、10:00から漁協直売所で殻付ホタテが1ケース1,600円で原価販売されます。1人1ケース限定、合計30ケース限定ですので、欲しい人はお早めに。
 12:00からは、シマエビやホタテ、アサリなどの豪華特産品が当たる第51回尾岱沼えびまつり記念「特産品獲得大抽選会」が行われます。
 13:30からは歌謡ショーが開かれ、前日祭に引き続いて幸佳さん、そして14:00からは韓国レコード史上最大売上記録を保持するキム ヨンジャさんのステージとなります。
 漁協青年部・女性部などが出店する味覚広場では、ジャンボサイズのホタテ焼きのほか、獲れたてのホッカイシマエビが塩茹でや塩焼きで味わえます。
 道東の初夏を代表する一大イベントだけに、まつり当日は2日間とも相当の人出が予想されます。くれぐれも飲酒運転はやめましょう!宿の手配はお早めに!

問い合わせ/別海町役場商工観光課 TEL 0153-75-2111
えびまつり実行委員会事務局 野付漁協内 TEL 0153-86-2211

かどまる かどまる

*2011年1月19日*

モー君

別海町「野付湯元うたせ屋」に泊まって、第43回白鳥まつりに行こう!

 swan.jpg別海町尾岱沼港町にある温泉旅館「野付湯元うたせ屋」では、2月13日(日)に開催される“第43回白鳥まつり”に参加する宿泊客に特別サービスを用意しています。
 このイベントは、毎年10月下旬頃からオオハクチョウが多数飛来する尾岱沼地区の名所・白鳥台特設会場で行われるもの。
 まず午前6時から、わが国でもこのあたりでしか見られないという“四角い太陽”撮影会。来場者には記念品とホットミルクがサービスされます。ただし、あくまで自然現象なので、必ず見られるとは限りません。
 まつり本番は10:00〜14:00。野付湾の大型ホタテ先着500名販売、地元特産品が当たる大漁引き、ビンゴ大会(有料)、そして名物の「楽寒!白鳥の湖ゲーム」(写真上)が行われます。
 これは、裸足になって片足1本で四角い氷の上に立ち、どれだけ長く耐えられるかを競う爆笑もののゲーム。先着15人限定で、予選と決勝戦が行われます。
 lobi2.jpgこのほか、ホットミルクの無料サービス、ホタテ串焼きやアサリ汁などの格安販売などが行われ、寒さを吹き飛ばす内容となっています。
 「野付湯元うたせ屋」では、まつりに参加するために宿泊する人を対象に、1泊料金を10%オフにする特別サービスを実施します(2人以上での宿泊の場合)。
 白鳥まつりで思いきり楽しんだあとは、うたせ屋の天然温泉で温まり、尾岱沼の食材を使った料理を堪能してください。予約はお早めに!

かどまる かどまる

*2010年10月5日*

モー君

別海町の「野付湯元うたせ屋」では、名産のジャンボホタテが食べられます。

 uatse.jpg別海町の尾岱沼漁港そばにある温泉旅館「野付湯元うたせ屋」では、ほぼ年中、名産のジャンボホタテが食べられます。
 北海道のホタテは大粒だといわれていますが、中でも根室海峡、特に尾岱沼で水揚げされるものは、貝柱が普通のホタテの2倍以上はあろうかというLLサイズ。貝殻も思わずおみやげにしたくなるほどの大きさです。
 泉質のよい天然温泉とともに、目の前の漁港で水揚げされる鮮度バツグンの海産物を使った料理が大人気の同旅館ですが、名産のホタテ料理は、その甘みとサイズにお客のほとんどが驚くこと請け合いです。
 また、もう一つの名産品であるホッカイシマエビは、今月の中〜下旬から秋漁が始まる予定で、これもほかではなかなか味わえない逸品です。

かどまる かどまる

*2010年6月10日*

モー君

別海町の第50回えびまつりに行くなら、温泉旅館「野付湯元うたせ屋」に!

 aji-img-yudeebi.jpg別海町の尾岱沼漁港で今月26日(土)、27日(日)の2日間、初夏の一大イベント“第50回えびまつり”が開催されます。
 尾岱沼地区では、風だけで動く打瀬船という珍しい漁船を使い、毎年、初夏と秋にホッカイシマエビ漁を行います。10日現在、今年の漁開始日はまだ決まっていませんが、中旬(14〜16日ごろ)を予定しています。
 26日は13:30から前日祭として、郷土芸能・野付龍神太鼓やわんぱく相撲大会、マーチングバンド演奏、石山結梨さん・山口ひろみさんの歌謡ショーなどが予定されています。
 bath1.jpg27日は9:45から鼓笛隊の市中パレード、ジャグリングショー、えび・あさりすくい、よさこい踊り、石山結梨さん・大江裕さんの歌謡ショーのほか、“第50回えびまつり記念大抽選会”が行われます。
 これは、別海産にこだわった市場「別海マルシェ」対象店3ヶ所で買物をしてもらい、補助券を3枚集めると参加できる特別企画で、当選者にはシマエビ、アサリ、ホタテなど豪華特産品が当たります。
 また、遊覧船による野付湾クルージングも26日は15:10から、27日は12:30から開催されます。料金は大人500円、小人300円です(荒天中止)。
 温泉旅館「野付湯元うたせ屋」は、会場となる尾岱沼漁港の目の前に位置しており、えびまつりを楽しむには絶好の宿です。
 立地だけではなく、尾岱沼で水揚げされるさまざまな魚貝類を使った料理、天然温泉かけ流しの大浴場も人気の高い宿だけに、予約はお早めに!

かどまる かどまる

*2009年6月11日*

モー君

「野付湯元うたせ屋」でホッカイシマエビが堪能できる季節がやってきました。

 aji2.gif別海町の「野付湯元うたせ屋」は、名産のホッカイシマエビが獲れることで有名な尾岱沼漁港の目の前にある温泉旅館です。
 このエビは、資源保護の目的で、自然の風だけを動力とする打瀬船でのみ獲ることが許されています。
 漁法だけでなく、毎年の漁獲量や漁期は厳密に定められていて、今年のシマエビ漁は今月15日(月)からを予定しています。
 水揚げが始まるや、「野付湯元うたせ屋」では、食卓に新鮮そのもので色鮮やかなホッカイシマエビが並びます。生きたまま味わう“踊り”もこの宿ならではです。
 また、同旅館の大浴場には尾岱沼温泉が引かれています。この温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉で、身体が芯から温まり湯冷めしにくいといわれています。
 シマエビの水揚げが本格化するこれからの季節、宿泊の予約はお早めに!
 
 今月27日(土)、28日(日)には、尾岱沼漁港で道東の初夏を飾る一大イベント「第49回えびまつり」が開催されます。
 恒例のエビ・アサリ特売や特産品獲得ダーツ大会などのほか、呼び物の歌謡ショーでは歌手の三条ひろみさんが27日の前日祭15:30と28日の本日祭13:30に、小金沢昇司さんが本日祭の14:00に出演する予定です。

かどまる かどまる

*2009年2月17日*

モー君

別海町の「野付湯元うたせ屋」が、創業60周年とリニューアル1周年記念の特別プランを実施しています。

 yiyo.jpg別海町尾岱沼港町にある旅館「尾岱沼温泉 野付湯元うたせ屋」が、創業60周年とリニューアル1周年を記念して、お得な特別プランを実施中です。
 日ごろのご愛顧に感謝をこめて、10月31日までの期間、1泊2食付き和室2〜4名で1人10,500〜15,750円。夕食は個室食事処「花邑(はなむら)」で、花咲ガニ、ホッカイシマエビ、大型ホタテなどをたっぷりと使った会席膳が堪能できます。
 特に、尾岱沼名産のホッカイシマエビは、6〜7月と10〜11月の漁期に、同旅館の目と鼻の先にある漁港で水揚げされ、最高の鮮度で味わうことができます。
 同旅館は昨年2月20日、全館リニューアルでまったく新しい和風旅館として生まれ変わり、名称も湯元iaiy.jpg戸田旅館から現在の「野付湯元うたせ屋」に変更しました。ゆったりと落ち着いた和室はバス・トイレ、冷暖房完備です。                                  リニューアルしたきれいな浴室で入る名湯・尾岱沼温泉は、海の温泉にふさわしいナトリウム−塩化物泉。塩分が高く、上がったあとも体がポカポカすると評判の湯で、神経痛や冷え性のほか、慢性皮膚病や高血圧、痛風などにも効能があります。

かどまる かどまる

*2008年6月6日*

モー君

別海町の温泉旅館「野付湯元 うたせ屋」でホッカイシマエビ三昧!&えびまつり

 .jpg別海町尾岱沼港町にある温泉旅館「野付湯元 うたせ屋」では、今月中旬から水揚げが始まるホッカイシマエビがたっぷり味わえます。
 尾岱沼といえば、道内随一のホッカイシマエビ名産地。今年の漁期はまだ決定していませんが、例年どおりならば今月半ばには始まる予定で、漁港のすぐそばに位置する「うたせ屋」では毎日、夕食の膳に最高の鮮度のシマエビが並びます。
 1泊2食8,400円コースでも、獲れたて・茹でたてが食べられますが、15,750円のコースでは、“踊り”で生きたままのホッカイシマエビが味わえます。ただし、その日に漁がなければ“踊り”は食べられないので要注意。尾岱沼温泉の湯元なので、質のいい天然温泉も楽しめます。

 また、尾岱沼漁港では今月28日(土)、29日(日)の2日間、恒例の「第48回えびまつり」が開かれます。
 別海三大祭りの一つであるこのイベントは、全国から3万人もの来場者が訪れるもので、ホッカイシマエビの即売会や味覚市のほか、エビすくいやアサリすくい、歌謡ショーなどが盛大に行われます。今年は、前夜祭の28日に神野美伽さん、本日祭の29日に伊藤多喜雄さんのショーが予定されています。
 「うたせ屋」は、この祭り会場に近い──というより、ほとんど会場の一部といえるほど目と鼻の先にある唯一の宿。道東屈指のイベント・えびまつりを堪能するなら急いで予約を!

かどまる かどまる

*2008年2月15日*

モー君

別海町の「湯元戸田旅館」が2月20日、新しく「尾岱沼温泉 野付湯元うたせ屋」として生まれ変わります。

image7.jpg別海町尾岱沼にある「湯元戸田旅館」が2月20日、新しく「尾岱沼温泉 野付湯元うたせ屋」としてリニューアルオープンします。別海を代表する名湯・名旅館として歴史を刻んできた戸田旅館は、根室地区では珍しい、しっとりとした純和風の温泉旅館に建物を完全改装。もちろん外観だけでなく、和風情緒あふれるロビー、落ち着いた雰囲気で木目が活かされた客室、ゆったりと入浴が楽しめる広々とした浴場、半個室形式で掘りごたつになった食事処「花邑(はなむら)」と、館内もがらりと表情を変え、より一層グレードの高い旅館に。そして、ホッカイシマエビや特大ホタテなど、尾岱沼ならではの海の幸をふんだんに使った海鮮料理も、今まで以上にたっぷりと味わえます。

かどまる