民宿

民宿みなと

みんしゅくみなと

QRコード

島牧村字港62
TEL 0136-76-7410

広々とした客室と、鮮度バツグンの海の幸

島牧名産のエビ料理のほか、旬の味が自慢です。とても民宿とは思えないほど広い客室を持つ海辺の宿で、ゆっくりとおくつろぎください。

交通アクセス JR黒松内駅〜バス55分地図
収容数 和6室20名
駐車場 駐18台
料金 2食付6,300円 素泊4,000円(税含)
カード 不可
その他 素泊/4,000円
かどまる

*2016年1月6日*

モー君

島牧村【民宿みなと】絶品海の幸が味わえる日本海の魅惑の民宿

5.jpg

 目の前に広がる広大な日本海を眺めながら絶品海の幸が味わえる魅惑の宿「民宿みなと」。リピーターの心をつかんで離さないその秘訣は民宿とは思えないきれいな客室と美味しい食事、心の行き届いたサービス…

 その時折の季節に水揚げされたエビやアワビ、カニ、イカなど日本海の絶品海の幸が食卓を彩り、2食付きで6000円台という破格値。1年前から予約を入れる人もいる知る人ぞ知る名宿です。観光シーズンなどは長期滞在での利用者も多く、早めの予約が必要です。最強コスパの同宿で美味しい日本海の味を堪能しましょう!

 ご予約・お問い合わせはこちら
 0136-76-7410

かどまる かどまる

*2015年4月30日*

モー君

島牧村【民宿みなと】料理上手なおかみさんがお待ちしています!

image004.jpg

※道の駅「子女子(しらす)の釜揚げ丼」

島牧村では4月20日から春を告げる小女子漁がはじまり、集魚灯の灯りが島牧村の夜の海に輝いてとても綺麗です。

「民宿みなと」は、島牧名産のエビ料理や、旬の味が自慢の宿。広い客室を持つ海辺の宿で、ゆっくりとおくつろぎ下さい。シーズン中は釣り客などの常連の方や、お仕事で長期滞在の方などが多く、お早めの予約をオススメします。

道の駅「よってけ!島牧」で期間限定メニュー『しらすの釜揚げ丼』が登場!

ご予約・お問い合わせはこちら
0136-76-7410

かどまる かどまる

*2014年9月3日*

モー君

【民宿みなと】島牧の紅葉シーズンはこれから!

garo.jpg

賀老の滝上流にある赤い吊り橋「昇龍の橋」が紅葉の絶景ポイント!
とても民宿とは思えないほど広い客室の海辺の宿で、ゆっくりとくつろぎ、ウニ漁は終わりましたが、島牧名産のエビ料理や旬の味を満喫してください。
元漁師さんの宿の食卓には島牧の豊富な魚貝類が驚くほど並びます。
眼前に日本海を望む国道229号線沿いにある民宿。
海岸線と沖合いが好釣り場で年中釣りファンで溢れ、1年前からの予約もある人気の宿!

ご予約お問い合わせはお電話で!

かどまる かどまる

*2014年3月13日*

モー君

島牧村【民宿みなと】地元で食事満足度No.1の民宿!

nami1.jpg

宿の前が海。地元の漁港であがる新鮮なアワビやウニなどの魚介類が食事のメニューに!地元でも低料金で評判の宿です。
シーズン中は釣り客などの常連の方や、お仕事で長期滞在の方などが多く、お早めの予約をオススメします。

お仕事で長期滞在の方は朝食・夕食・お弁当3食付き!
料金についてはご相談ください。
消費税率変更に伴い、料金改定をする予定ですが、
食事は今まで通りお客さまの満足を一番に提供します!

ご予約・お問合せ
【民宿みなと】0136-76-7410

かどまる かどまる

*2013年4月22日*

モー君

【島牧村】民宿みなと 獲れたて海鮮料理が人気の民宿

minato.JPG眼前に日本海を望む国道229号線沿いにある民宿。
海岸線と沖合いが好釣り場で年中釣りファンで溢れ、
広いお部屋と新鮮な魚介料理が評判で1年前からの予約もある人気の宿!

夏休みは岩場での海遊びの拠点として家族連れにおすすめ!
漁によってはベニズワイガニやエビ
アワビにウニといった高級食材が食卓に並び
enosima.jpgビジネスで長期
のお客さまが驚くことも!

料理上手なおかみさんがお待ちしています。

ご予約・お問合せはお気軽に
【民宿みなと】0136-76-7410

 

 

かどまる かどまる

*2009年7月9日*

モー君

島牧村の「民宿みなと」では、夏の海の味覚本番を迎えました。

 minato.jpg島牧村にある「民宿みなと」では、いよいよ夏の海の味覚がおいしい時期に突入しました。
 まずは6月から漁が解禁となったウニ。とはいえ、なにしろ波が静かで海の透明度が高くないと漁にならないため、6月は1回しか水揚げがなかったそうで、食卓に並ぶかどうかは運次第。
 また、このあたりで春に獲れるベニズワイガニも、初夏で漁は終わり。今は毛ガニがシーズンなのですが、これもいつ揚がるかは海のみぞ知るといったところ。 ナンバンエビやシマエビのかごに入ってくる幻の美味・オニエビも、たまに塩ゆで・天ぷら・刺身などで夕食メニューに加わります。
 どちらにせよ、そのときの漁次第で何が出てくるのかわからないのが「民宿みなと」の夕食。その代わり、追加料金などは取らず、ふつうの1泊2食料金で上記の美味・珍味が当たり前のように食べられるわけです。
 魚好きの方は、ぜひとも予約を。ウニやカニ以外にも、獲れたてで鮮度抜群の日本海の幸がたっぷりと味わえます。

かどまる かどまる

*2008年8月1日*

モー君

島牧村の「民宿みなと」では、夏の日本海の美味が堪能できます。

 ssee.jpg日本海沿岸で食べられる夏の美味・マサ貝をご存知ですか?島牧村字港にある「民宿みなと」では、この時期、夕食に酒蒸しで出てくるのですが、これが宿泊客に大受けです。
 マサ貝とは、だいたい7〜8月に採れる白くて平たい二枚貝で、甘くてくせがなく、普通はバーベキューや炭火焼き、カレーなどの具材に使われます。地方によってはシロ貝や万寿貝、女郎貝などとも呼ばれますが、正式名称はどうやらサラガイというようです。
 「民宿みなと」では、春は寿都のカキ、夏はマサ貝を酒蒸しにして出しているほか、海の幸の茶碗蒸し、ウニやエビを使ったお吸い物など、海の宿ならではの美味が堪能できます。
 高級食材のウニ、毛ガニ、アワビなども、手に入り次第に通常料金でどんどん食卓に出してしまうため、昨年、関西から訪れた観光客は、「こんな料理は1泊1万円以下の宿では出てこない」と驚きあきれ、1泊だけの予定だったのが、次の日の宿をキャンセルして連泊していったそうです。

かどまる かどまる

*2007年6月19日*

モー君

島牧村の「民宿みなと」の夕食に、6月中はベニズワイガニが1パイつきます。

島牧村で人気ナンバーワンの「民宿みなと」。もともと漁師さんの経営する宿で、食卓には島牧の豊富な魚貝類が驚くほど並びます。ほとんど知られていませんが、島牧では3隻の小型船でベニズワイガニ漁を行なっていて、「民宿みなと」の夕食にも、6月末まで1パイずつベニズワイガニがつきます。目の前の海で捕れた見事なカニを鮮度のいいうちにゆで上げたもので、ほかではちょっと食べられない美味です。また、島牧名産のコウナゴ漁も5月に終わったばかりなので、おかみさん手づくりの生炊きシラス佃煮(これがまた絶品)も味わえます。

かどまる