かどまる

*2008年7月25日*

モー君

奥尻町の「旅の宿 大須田」では、真夏のウニ・アワビプランが大好評です。

 acuaa.jpgウニ漁が盛漁期を迎えた奥尻町の旅館「旅の宿 大須田」では、ウニやアワビをたっぷり食べられる真夏の宿泊プランが大好評です。
 8月12日まで行われる奥尻町のムラサキウニ漁は、今が盛漁期。ご主人が現役漁師さんの「旅の宿 大須田」は、本当の採れたて魚貝類が思う存分食べられる旅館として有名ですが、特に1泊2食8,925円の“ウニ・アワビプラン”で予約すると、まずウニの刺身とウニ鍋、それに2Lサイズの活アワビが1個丸ごとついてきます。また、“踊り焼きプラン”だと10,500円で、ひと回り大きい3Lサイズのアワビを目の前で焼いて食べられます。
 それだけではなく、どちらの宿泊プランでも、ウニ・アワビのほかに奥尻の前浜で水揚げされる旬のツブ、サクラ貝、ソイ、それにメカブ、モズクなどを使った料理がこれでもかとばかりに出てきます。
 この夏は「旅の宿 大須田」で、奥尻の海の幸三昧はいかがですか?

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/864/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる