かどまる

*2008年6月12日*

モー君

14日から漁が始まるホッカイシマエビを、別海町の「海の宿みさき」ではたっぷりと食卓に出します。

 ssu.jpg今月14日から別海町尾岱沼でホッカイシマエビ漁が始まります。尾岱沼岬町にある民宿「海の宿みさき」では、漁の開始と同時に、食卓にたっぷりと並びます。
 道内でも獲れる地区が限定されているホッカイシマエビは、別海町尾岱沼を代表する名産品です。帆を張って無動力で進む打瀬船という独特な形状の漁船で、初夏と秋の年2回、ごく短い期間だけ漁を行います。資源保護のため、漁獲量が制限されていることもあって希少価値が高いエビで、特に刺身は、産地以外ではほとんど食べることが出来ません。
 尾岱沼漁港にほど近い岬町にある「海の宿みさき」は、オーナーが漁師を営んでいるため、別海の魚貝類が最高の鮮度で食べられる民宿として知られています。今の季節は、14日から始まるホッカイシマエビが刺身や塩茹でで出てくるほか、大型で有名なホタテやクロガシラガレイなどで食卓が大いににぎわいます。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/740/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる