かどまる

*2008年6月4日*

モー君

弟子屈町の「ガストホフぱぴりお」は愛食レストラン認定の宿です。

 eaeuia6.JPG弟子屈町の屈斜路湖畔砂湯にあるペンション「ガストホフぱぴりお」は、道の“北のめぐみ愛食レストラン”に認定されている宿です。
 これは、道産食材を使ったこだわり料理を提供し、その魅力を広く伝える宿や飲食店を認定する道の事業。「ガストホフぱぴりお」では、道産のナンバンエビやシマエビに知床のコンブ醤油と梅干のソースをかけた料理、道産小麦<はるよこい>を100%使用した天然酵母の自家製パン、道産の生乳を使ったアイスクリームなどを朝夕食に出していて、その味のよさとセンスには定評があります。
 夕食はもちろん、写真のように朝食もすばらしく、焼きたての自家製パン(バターロール、ゴマ、クルミ入りなど)、十勝産の牛乳、旬の新鮮な道産野菜などで、おいしいだけでなく健康な一日がスタートできるメニューとなっています。
 静かな屈斜路の森の中にたたずむおしゃれなペンション「ガストホフぱぴりお」で、豊かな自然と天然温泉と道産食材の健康メニューを堪能してみませんか?

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/688/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる