かどまる

*2008年5月28日*

モー君

網走市「さんご草の郷 能取の荘 かがり屋」の人気が急上昇中です。

  網走市卯原内・能取湖のほとりに建つ「さんご草の郷 能取の荘 かがり屋」の人気が急上昇中です。
 「かがり屋」は、もともと料理の質の高さで有名な旅館。リーズナブルな価格設定に加え、昨年から全客室で有線LANによるインターネット無料接続が出来るようになったことで、ビジネス客の利用もぐんぐん増えています。
 また、車で40分ほどのところにある北海道遺産の「ワッカ原生花園」が、6月半ばから7月上旬にかけて最高の見ごろとなるほか、7月から8月にかけては地元でホッカイシマエビ漁が始まり、食卓を飾ります。そして9月には、目の前に広がる能取湖が、塩分の多い湿地帯にだけ生えるサンゴ草の変色で一面真っ赤に染まる最高の季節となるなど、お客の途切れる間がなくなります。
 観光にしろビジネスにしろ、「かがり屋」に泊まるときは早めに予約を。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/677/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる