かどまる

*2007年9月7日*

モー君

帯広名物、こだわりの豚丼が無料で!帯広市のビジネスホテル「ホテルムサシ」の夕食サービスが好評です。

butadon.jpg帯広市のビジネスホテル「ホテルムサシ」の夕食無料サービスが好評です。オープン12周年感謝企画として提供しているもので、偶数日は帯広名物の豚丼、奇数日はカレーライスが無料で食べられます(前日までの宿泊予約に限り)。

豚丼は、同ホテルの中丸武蔵社長が自らこだわり抜いて選んだ道内産豚肉を使用。大ぶりの肉が温かなご飯の上にたっぷり乗って、食欲をそそります。甘辛のタレと絡ホテルムサシの中丸社長んだ柔らくジューシーな味わいは、帯広名物の名に恥じません。「サービスだからと言って、適当な安い食材をお客様に出すわけにはいきません」と中丸社長。「仕入れ先からは、こんないい肉を無料で出すなんて、もったいないと言われますが」と笑います。

豚肉だけでなく、ご飯は茨城県産低農薬の天恵米、味噌やしょう油も自然食品を使うといったこだわりよう。しょう油などはテーブルに出しっぱなしではすぐにダメになるので、食事時間以外は冷蔵庫に保管しているといいいます。

そんなこだわりが朝食のバイキングメニューにも。朝食にはつきものの鮭の切り身なども、よく見られるような薄っぺらなものではなく、しっかりとした味わいの立派なもの。宿泊客がみんな「こんな高価なものを朝食バイキングで」と驚くというイクラと併せて、近隣の漁場から直接仕入れているそうです。

部屋には全室、テンピュールのマットレスと枕、マイナスイオン水。「2カ月は持つのでぜひお持ち帰りいただきたい」という歯ブラシ。館内のビール自販機にあるのはエビスビールと北海道限定のクラシック。チェックアウトの際にはペットボトルのサービスも。そんな同ホテルならではのこだわりと心配りが、ふと気がつくと随所にあって嬉しくなります。

夕食の無料サービスは12周年の感謝企画にとどまらず、「お客様に喜んでいただいているので、これからも継続していきたい」と中丸社長。「お客様にどんなサービスを提供でき、喜んでいただけるか。いつもそのことを基本に考えています」と話す中丸社長の姿勢が、これからもたくさんのリピーターを呼びそうです。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/372/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる