かどまる

*2013年4月15日*

モー君

【函館元町ホテル】幕末・明治・大正の時代感ずる

imgp4995.JPG

開港地・函館の浪漫あふれる街並みに佇む洋館風ホテル。JR函館駅まで7分、函館空港まで20分とアクセスも良く、周辺には史跡も多くあります。
ホテルの場所は「新撰組屯所跡地」、ホテル別館・蔵は築104年の「旧桂久蔵邸の蔵」を改修したレトロな客室も人気です。 
ホテル内の「屯所の湯」からは眼下に函館湾が眺められ、泉質は黒鉛珪石(ブラックシリカ)鉱泉。鉄分豊富の茶褐色の湯として知られる近くの「谷地頭温泉」は公営から民営化されたばかり。異なる湯めぐりもお勧めです。 
hunburg.jpgまた、コンサート、落語会、趣向をこらした展示会などにも力が入れられていて、滞在中を楽しく過ごしてもらおうとの心くばりが、随所に感じられます。 
周囲の近海からの旬の魚介類を主にした料理に、ストレスなく育てられた大沼牛のハンバーグなど食メニューにもイチ押しがあります。 

6月の恵山つつじまつり、7月大沼湖水まつり、8月は函館港まつりとイベントも目白押しです。 

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/3671/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる