かどまる

*2011年8月11日*

モー君

別海町の「海の宿みさき」では、珍しい“エビの踊り”が食べられます!

 misaki.jpg別海町尾岱沼にある「海の宿みさき」は、漁師さんが経営する浜の温泉民宿です。目の前の海・尾岱沼では、大型ホタテやアサリ、サケ、エビ、カレイなどがたくさん獲れます。
 中でもホッカイシマエビは、尾岱沼の名産であり、エビ好きには堪らない道東ならではの海の幸。資源保護のため、毎年、6月中旬ごろに1ヶ月間ほどしか獲らないエビなので、獲れたてを味わうには尾岱沼の宿に泊まるのが一番の早道です。
 通常、塩茹でか刺身で食べるエビですが、「海の宿みさき」では、夕食で生きたままの“踊り”が食べられます。しかも追加料金なし!ふつうの1泊2食1人6,000円で味わえます。
 とはいえ、今年は資源が少なく、獲る量を制限したため値段が高く、通常料金で食べられる踊りは1人2匹まで。追加の場合は別料金となります(時価)。
 ホッカイシマエビが踊りで食べられる宿は珍しく、しかも通常料金で夕食に出てくるとなるとほとんど皆無。お盆過ぎくらいまでは夕食に出せるということなので、食べたい人は今すぐ予約を!早い者勝ちです!

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/2757/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる