かどまる

*2010年9月21日*

モー君

今年も「さんご草の郷 能取の荘 かがり屋」の周囲のサンゴ草が色づきました!

 p1010005.jpg網走市・能取湖のほとりにある料理自慢の旅館「さんご草の郷 能取の荘 かがり屋」周辺では、宿名にもなっているサンゴ草が真っ赤に色づいています。
 サンゴ草とは、環境省から絶滅危惧種に指定されているほど貴重な植物。塩分の多い湿地にしか生えないという珍しい性質を持ち、能取湖周辺は国内最大の群生地として知られています。
 夏までは普通の緑色をしているのに、気温が下がり始める9月から急速に赤く染まり始め、9月下旬〜10月初旬ごろまで真紅のカーペットを敷いたような光景が広がります。
 今年の夏はオホーツクも気温の高い日が続いたため、見ごろがずれ込むことも予想されましたが、さすが北海道、9月半ばで写真の通りに色づき、連日観光客でにぎわっています。
 「さんご草の郷 能取の荘 かがり屋」の松下社長の話では、急激に気温が低下して霜にやられない限り、サンゴ草の色づきのピークは今月末あたりになりそうだとのこと。予約はお早めに!

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/2171/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる