かどまる

*2009年6月11日*

モー君

「野付湯元うたせ屋」でホッカイシマエビが堪能できる季節がやってきました。

 aji2.gif別海町の「野付湯元うたせ屋」は、名産のホッカイシマエビが獲れることで有名な尾岱沼漁港の目の前にある温泉旅館です。
 このエビは、資源保護の目的で、自然の風だけを動力とする打瀬船でのみ獲ることが許されています。
 漁法だけでなく、毎年の漁獲量や漁期は厳密に定められていて、今年のシマエビ漁は今月15日(月)からを予定しています。
 水揚げが始まるや、「野付湯元うたせ屋」では、食卓に新鮮そのもので色鮮やかなホッカイシマエビが並びます。生きたまま味わう“踊り”もこの宿ならではです。
 また、同旅館の大浴場には尾岱沼温泉が引かれています。この温泉の泉質はナトリウム−塩化物泉で、身体が芯から温まり湯冷めしにくいといわれています。
 シマエビの水揚げが本格化するこれからの季節、宿泊の予約はお早めに!
 
 今月27日(土)、28日(日)には、尾岱沼漁港で道東の初夏を飾る一大イベント「第49回えびまつり」が開催されます。
 恒例のエビ・アサリ特売や特産品獲得ダーツ大会などのほか、呼び物の歌謡ショーでは歌手の三条ひろみさんが27日の前日祭15:30と28日の本日祭13:30に、小金沢昇司さんが本日祭の14:00に出演する予定です。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/1600/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる