かどまる

*2008年11月25日*

モー君

余市町の「民宿 豊浜」で初冬の美味を堪能しましょう。

 ieeei.JPG余市町豊浜にある「民宿 豊浜」は、岬に挟まれた小さな入り江を背にした漁師の宿です。余市の浜でも眺めのよさは指折りですが、この宿の魅力はやはり浜料理の美味しさ。
 このあたりの海では10月から12月いっぱいまで、アワビ漁が行われます。ウニと同じ夏の美味だと思われがちな貝ですが、実際には秋から初冬が旬なのです。
 ウニは海がちょっとでも時化ると漁ができませんが、アワビはそれ以上に波が静かでないと採れないため、宿泊した日に食卓に上るかどうかは運次第。漁さえあれば、普通の1泊2食料金で食べられます。
 もう一つ、初冬の美味がヒラメ。こちらは11月上旬〜12月いっぱいが漁期で、脂の乗りも身の締まりも1年で最高の状態となります。刺身にして口に入れると、えも言われない風味と甘みが広がります。
 こちらも、漁さえあればソイなどの刺身とともに、この時期の夕食に普通に出てきます。本当においしい魚が食べたければ、浜の宿に泊まるのが正解!

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/1129/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる