かどまる

*2008年10月20日*

モー君

今年も屈斜路湖に白鳥がやってきました。

 coaeoie.jpg弟子屈町の屈斜路湖畔砂湯にあるペンション「ガストホフぱぴりお」から、今年一番の白鳥の写真が届きました。
 毎年、越冬のために多くの白鳥が訪れることで有名な屈斜路湖。なぜか湖の何箇所かに分かれて集まる傾向があり、その中で最も飛来する数が多いのが砂湯地区、つまり「ガストホフぱぴりお」のすぐ近くなのです。
 実は20年ほど前まで、このあたりで冬期間に営業している宿はほとんどなかったのだそうですが、秋に飛来する白鳥に地元の人たちが懸命に餌付けを行って数を増やし、一大越冬地としたことで観光客も増え、宿も周年営業できるようになったのだとか。
 写真は、今月16日に撮影された最初の白鳥たち。なぜか毎年、気温にも関係なく、計ったようにほぼ同じころに飛来するのだそうです。これから冬にかけて白鳥の数は500〜600羽にもなり、5月の大型連休のころにシベリアへと帰っていきます。

コメント&トラックバック

トラックバックURL: http://www.crews.ne.jp/archives/1044/trackback/





« 前の記事を読む

次の記事を読む »

かどまる
かどまる